料金
【相続対策】
  • HOME
  • 料金【相続対策】

料金【相続対策】

※報酬と実費については、ページ右側もご覧ください。
※下記にない業務の料金やご不明な点についても、遠慮なくお問い合わせください。

相続対策 報酬(税別) 実費
公正証書遺言書の作成 8万円~15万円 公証人手数料
自筆証書遺言書の作成  5万円~8万円  
遺贈寄付の内容を含んだ遺言書の作成 10万円~ 公証人手数料
所有権移転登記(生前贈与) 5万円~ 登録免許税(不動産の評価額×2%) 等
任意後見契約書の作成 10万円~ 公証人手数料
成年後見(法定後見)の申立 10万円 収入印紙代(800円)、切手代(3220円)、登記用収入印紙代(2600円) 等

業務案内についてはこちらから
相続対策 >

報酬の説明

「~」の記載の意味

業務の難易度・手続にかかる事務量等により報酬を加算する場合があります。

 

お客様のお話を伺ったり書類を拝見することで、業務の難易度・手続にかかる事務量等がわかり、報酬や実費を含めたお見積りを出すことができます。

お見積りについても無料にて対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

「~」の記載がない
一律の料金で、報酬の加算はありません。

 

当事務所で戸籍謄本や住民票等を取得した場合
1通につき1500円~2000円の報酬の加算があります。

実費の具体例

登録免許税

登記申請の際にかかる税金で、登記申請ごとに計算方法が異なります。

 

戸籍謄本や住民票等の交付手数料

戸籍謄本1通450円、除籍謄本・改製原戸籍1通750円、戸籍の附票1通350円、住民票1通350円等

 

収入印紙代、切手代

裁判手続を利用する際に、所定の印紙代・切手代を納付します。印紙代は、各手続ごとに金額が決められています。切手代は、管轄する裁判所ごとに異なる場合があります。

 

郵送料

役所から戸籍を取得する際や法務局に登記申請する際等にかかる切手代、書留郵便代等