業務ブログ

温泉付きマンションの売買

不動産決済で洞爺湖へ

 札幌の不動産会社S社様の依頼で、洞爺湖畔にある温泉付き分譲マンションの所有権移転登記を行いました。
 不動産決済をこのマンションの1Fロビーで行うということで、10月某日、札幌から道央自動車道を使い洞爺湖へと向かいました。この日は実に天気が良く、まさに秋晴れ。絶好のドライブ日和といえ、仕事で来たはずが、途中からただの行楽気分となってしまいました。途中のサービスエリアで無駄に長い休憩を取りながら、2時間半ほどかけ、13時前に現地のマンションに到着しました。

1Fロビーで合流

 ホテルのような雰囲気もあるマンションの1Fロビーで、売主兼仲介業者のS社様と買主のB様がちょうど売買契約を終え、私が来るのを待っていました。
 2時間半かけてきましたが、不動産決済での私の仕事は、本人確認をし、登記関係の書類に署名捺印いただき、その他の必要書類を預かるといったくらいです。
 B様(30代 男性)は2年ほど前に関西から北海道に移住してきたそうで、今までは賃貸マンションに住んでいたそうです。仕事も軌道に乗り、住居の購入を検討していたところ、このマンションを見つけたそうです。このマンションは、別荘として購入している人の方が多いそうで、B様のように住居として購入し、実際に住んでいる人は少ないとのことでした。
 登記的には、このマンションは敷地権が12筆もあるかなり特殊なマンションなので、仮に住所変更登記をする場合、登録免許税だけで12,000円(不動産の個数×1,000円)もかかってしまうという話もさせていただきました。
 話が一段落したところで、S社様がB様を居室に案内するということでしたので、私は1Fロビーでお別れすることになりました。

洞爺湖を眺めながら登記申請

 マンションを出た後は、どこで登記申請しようかと思案しました。
 オンラインでの登記申請は、パソコンとネットにつながる環境があれば、どこでも可能です。私はノートパソコンを常に携帯しているので、事務所に戻る時間がない時には、コンビニの駐車場などに車を停め、車の中から登記申請することがよくあります。
 この日はせっかく洞爺湖まで来たので、洞爺湖を眺めながら登記申請したいと突然思い立ち(?)、洞爺湖畔の駐車場に車を停め、そこから登記申請しました。まぁ、なんと眺めのいいことでしょう。司法書士多くいれど、洞爺湖を眺めながら登記申請したのは私が初めてではないでしょうか(別に自慢することではありません 笑)。
 登記申請自体はオンラインでできますが、登記関係書類の原本は法務局に送る必要があります。最寄りの郵便局から札幌法務局室蘭支局へ登記関係書類の原本を郵送し、この日の業務はすべて終了となりました。

リフレッシュし帰札

 さぁ、あとは札幌に帰るだけですが、やはりせっかくなので洞爺湖の思い出がほしいと思い(笑)、洞爺湖で有名な老舗の洋食屋さんで遅い昼食をり、札幌に帰ることにしました。
 洞爺湖には仕事で来たはずですが、途中からちょっとした小旅行のような気分になり、来た時よりもリフレッシュした状態で札幌に戻ることができました。 
 お誘いいただいたS社様、買主のB様、どうもありがとうございました!!

土地、建物の登記の無料相談

 当事務所は、オンラインで登記申請を行うため、札幌市内や道内の不動産だけではなく、全国各地の不動産に対応可能です。
 土地、建物の登記の無料相談を随時実施していますし、外出が難しい方のために札幌市や札幌近郊への無料出張相談も行っています。無料出張相談の理由 >
 ぜひお気軽にお問い合わせください。
 皆様からの相談を心よりお待ちしております。お問い合わせ >

関連記事一覧

業務ブログ